ストーブ

ブログ形式で骨董市などイベントのお知らせ、入荷商品の紹介、「これはいいものだ!」的モノの紹介、メールマガジンのバックナンバー紹介などをしていこうと思います。
カテゴリ
札幌のアンティーク着物ショップ 彩古堂のブログ
札幌のアンティーク着物・昭和レトロ雑貨ショップ 彩古堂のブログ/一覧 (2636)



彩古堂は北海道札幌市のアンティークキモノショップです。大正・昭和初期の銘仙、錦紗縮緬ほかアンティーク着物や面白い珍しいはぎれ等の古布(古裂)パッチワークキルト用素材・古民具・食器・家具・人形・レトロな生活雑貨など幅広く扱っています。札幌市中央区の路面店舗での販売のほか、骨董市などの催事にも参加しています。ネット通販・買取も承ってます。


↑彩古堂のホームページはこちらから


↑姉妹店ジェットアンティーク(60s〜70sビザールギター、アラジン・パーフェクションなどのストーブ中心です)のホームページはこちらから

2017年6月
       
29 30  

新着エントリ
●6月の臨時休業のおしらせ● (6/12)
●HTBの「イチオシ!」様に取材して頂きました!● (5/23)
●auからメールをお送り頂いているお客様へ● (5/5)
●北海道アンティーク骨董ジャンボリーのHPが出来ました&最近のお店の様子● (5/5)
●GW中の営業について● (4/29)
●レトロモダンな赤黒お召しに水玉柄の帯。レトロ着物コーディネート(1211)● (4/29)
●インスタグラム始めました● (4/19)
●第11回大生活骨董市@コンカリーニョに参加します ● (4/4)
●2017 KIMONO VOL.5● (3/29)
●2017 KIMONO VOL.4● (3/29)
●2017 KIMONO VOL.3● (3/29)
●2017 KIMONO VOL.2● (3/29)
●2017 KIMONO VOL.1● (3/29)
●彩古堂のブログ600万アクセス達成!ありがとうございます!● (3/29)
●【WAYOUSECCHU-和洋折衷-】沢山のご来場ありがとうございました!● (3/28)
●3/19(日)は【WAYOUSECCHU-和洋折衷-】開催です!● (3/16)
●赤紫にブルーの花・アンティーク長羽織● (3/5)
【WAYOUSECCHU】(キモノのイベントのおしらせ) (2/26)
●青地に花の図・銘仙長羽織● (2/24)
●紫地に黄色の花の図・アンティーク長羽織● (2/23)
●艶やかな紫の色無地。レトロ着物コーディネート(1210)● (2/22)
●パステルのPOPなお召し。レトロ着物コーディネート(1209)● (2/4)
●紫地に華やかな花の図・アンティーク長羽織● (2/1)
●藤の花と謎の水色の花の御召銘仙。アンティーク着物コーディネート(1208)● (1/29)
●大正モダン・カラフル小振袖。アンティーク着物コーディネート(1207)● (1/23)
●2017年・あけましておめでとうございます● (1/5)
●年末年始の営業のおしらせ● (12/25)
●大正浪漫・クラシカルな小紋。アンティーク着物コーディネート(1206)● (12/24)
●艶やかな縞の綸子。アンティーク振袖コーディネート(1205)● (12/23)

彩古堂の新着情報+@をお知らせするメールマガジンを購読しませんか?
不定期ですがイベント情報、新商品や限定商品、お買い得商品などの情報をお届けいたします。
ご希望のお客様は下記よりお客様のメールアドレスを送信の上お申し込みください。
すでにご登録済みで配信を停止したい方は、停止したいアドレスをご記入し「削除」ボタンにチェックして送信ボタンを押してください。

登録削除
© 2002 ACMAILER2 ahref.org

アーカイブ
2005年 (145)
8月 (17)
9月 (48)
10月 (33)
11月 (39)
12月 (8)
2006年 (378)
1月 (22)
2月 (21)
3月 (38)
4月 (44)
5月 (45)
6月 (43)
7月 (9)
8月 (11)
9月 (11)
10月 (29)
11月 (43)
12月 (62)
2007年 (300)
1月 (45)
2月 (29)
3月 (31)
4月 (36)
5月 (21)
6月 (14)
7月 (29)
8月 (27)
9月 (12)
10月 (20)
11月 (16)
12月 (20)
2008年 (260)
1月 (30)
2月 (17)
3月 (22)
4月 (13)
5月 (27)
6月 (14)
7月 (17)
8月 (27)
9月 (18)
10月 (23)
11月 (35)
12月 (17)
2009年 (233)
1月 (18)
2月 (13)
3月 (13)
4月 (10)
5月 (7)
6月 (14)
7月 (14)
8月 (17)
9月 (31)
10月 (42)
11月 (27)
12月 (27)
2010年 (406)
1月 (34)
2月 (38)
3月 (47)
4月 (54)
5月 (32)
6月 (35)
7月 (35)
8月 (22)
9月 (33)
10月 (26)
11月 (29)
12月 (21)
2011年 (265)
1月 (32)
2月 (52)
3月 (15)
4月 (14)
5月 (15)
6月 (30)
7月 (16)
8月 (16)
9月 (29)
10月 (18)
11月 (14)
12月 (14)
2012年 (136)
1月 (17)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (4)
5月 (10)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (5)
9月 (6)
10月 (15)
11月 (21)
12月 (23)
2013年 (138)
1月 (11)
2月 (6)
3月 (14)
4月 (12)
5月 (18)
6月 (8)
7月 (8)
8月 (13)
9月 (10)
10月 (8)
11月 (16)
12月 (14)
2014年 (135)
1月 (8)
2月 (13)
3月 (15)
4月 (25)
5月 (15)
6月 (11)
7月 (1)
8月 (17)
9月 (6)
10月 (17)
11月 (4)
12月 (3)
2015年 (114)
1月 (5)
2月 (14)
3月 (7)
4月 (11)
5月 (10)
6月 (6)
7月 (1)
8月 (7)
9月 (18)
10月 (19)
11月 (3)
12月 (13)
2016年 (100)
1月 (14)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (17)
5月 (16)
6月 (11)
7月 (18)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (3)
11月 (1)
12月 (3)
2017年 (26)
1月 (3)
2月 (6)
3月 (9)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (1)


アクセスカウンタ
今日:669
昨日:1,447
累計:6,200,594


RSS/Powered by 「のブログ

2011年08月29日(Mon)▲ページの先頭へ
PERFECTION 750 パーフェクションストーブ ブラウン



パーフェクションストーブの中でも代表的なガラス火屋の750、定番カラーのブラウンです。
70年代の日本製パーフェクションで対振消火装置ついています。なくなりがちな錘もオリジナルのものです。

震災の影響もあり電気を使わないシンプルな反射式ストーブが人気だそうです。
同じ手に入れるならシンプルでタフ、そしてインテリアにもなるヴィンテージのストーブもお勧めです。

気になる方は【こちら】からチェックしてみてください。


赤い色ガラスが素敵なVALOR 525T バーラー イギリス イングランド



1970年前後のバーラー525Tです。
日本仕様で芯の繰り出しツマミが日本語のものとなっていますが対振消火装置なしのシンプルこの上ないストーブです。
燃焼筒ののぞき窓に赤い色ガラスが嵌め込まれており、点火時にそこから見える灯りは独特のものがあり上品ささえ感じるものです。

震災の影響もあり電気を使わないシンプルな反射式ストーブが人気だそうです。
同じ手に入れるならシンプルでタフ、そしてインテリアにもなるヴィンテージのストーブもお勧めです。

気になる方は【こちら】からチェックしてみてください。


2009年12月04日(Fri)▲ページの先頭へ
北欧製のストーブ2台UPしました 薪ストーブ/石炭ストーブ





北欧製のストーブ2台UPしました。
ノルウェーのヨツール社の石炭ストーブと
同じくスカンジナビア生まれ、トローラ社の薪ストーブです。
最近注目の燃料であるペレットも使用可能です。

気になる方は姉妹店ジェットアンティークHP【こちら】をチェックしてみてください。

2009年11月26日(Thu)▲ページの先頭へ
レトロで可愛いフジカペットストーブ等2台UPしました。





レトロで可愛らしいストーブ2台をジェットアンティークHPにUPしました。
生産中止及び在庫切れで最近人気再燃のフジカペットストーブと
フジカペットにデザインのよく似たサンエムストーブです。
いずれも分解清掃整備済みでスグ使えるモノとなっています。

気になる方は【こちら】からチェックしてみてください。


フジカペットストーブ:SOLD


2009年11月10日(Tue)▲ページの先頭へ
ニッセン(日本船燈)のストーブ2台UPしました。





個性的なニッセンのストーブ2台をジェットアンティークHPにUPしました。
いずれも分解清掃整備済みでスグ使えるモノとなっています。

気になる方は【こちら】からチェックしてみてください。


ストーブ2台とも:SOLD


2009年10月12日(Mon)▲ページの先頭へ
アラジンストーブとニッセンのストーブUPしました。







札幌も朝晩は寒くなってきました。
手軽に使えるレトロなストーブをジェットアンティークHPにUPしました。
いずれも分解清掃整備済みでスグ使えるモノとなっています。

気になる方は【こちら】からチェックしてみてください。

2009年09月05日(Sat)▲ページの先頭へ
●ニッセンのストーブ・SS-3●



70年代のニッセンのSS-3ストーブです。対振消火装置ついてます。
清掃・メンテナンス済みで灯油を入れたらそのまま使用できます。
ジェットアンティークのHPにUPしていますので、詳細はそちらでどうぞ。

アドレスはココをクリックしてください。



ストーブ:SOLD

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2007年10月18日(Thu)▲ページの先頭へ
パーフェクション(PERFECTION) 735オイルヒーター made in USA 入荷です



1930年代に登場したことになっている735ですがこちらはおそらく1960年代あたりのモノではないかと思われます。ボディは750のようなホーロー仕上げではなくブラックの塗装、サビがでていたのでサビ落とし後に耐熱黒で塗装済みです。ガラス火屋にUSAのエンボスあり、ヒビ・欠けありません。リザーバ(燃焼部+タンク)は旧式で金属のツマミ、オイル残量を棒の突き出しで見るタイプで
ジェットアンティークのHPショッピングカートにUPしてあります。また彩古堂店頭でも並行して販売していますので気になる方はお店で現物チェックしてみてください。ほかにもすぐ使える状態のアラジンストーブやパーフェクションの750も店頭在庫しています。秋口から本格的に寒くなるまでのつなぎにちょうど使いやすく、また灯油の燃える匂いも懐かしいかんじのする、まさにこれからが旬のストーブです。


アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2007年09月30日(Sun)▲ページの先頭へ
パーフェクション750オイルヒーター レアカラーのハーベスト入荷です



PERFECTION750、日本でライセンス生産されたものでレアカラーのハーベスト、ジェットアンティークのHPショッピングカートにUPしました。また彩古堂店頭でも並行して販売していますので気になる方はお店で現物チェックしてみてください。ほかにもすぐ使える状態のアラジンストーブやパーフェクションの750に比べるとちょっと珍しいアメリカ製の525Mも店頭在庫しています。秋口から本格的に寒くなるまでのつなぎにちょうど使いやすく、また灯油の燃える匂いも懐かしいかんじのするストーブです。

ハーベスト:SOLD

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2007年01月22日(Mon)▲ページの先頭へ
アラジンストーブ39型UPしました!



姉妹店ジェットアンティークHPショッピングカートにアラジンストーブ39型UPしました。
ホーロー剥げ、サビほとんどなく状態は良好でキレイです。
清掃整備済み、とくに燃焼部はオーバーホール、真鍮パーツは気合入れて磨いてあります。
芯は新品ではありませんがまだまだ残りのあるものです。
マイカ(のぞき窓)の状態も良好です。
灯油を入れたらそのまま使える状態です。

ジェットアンティークHPショッピングカートはこちらから。



アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2006年02月21日(Tue)▲ページの先頭へ
ニッセン(日本船燈)の個性的なストーブ BS-3B

60年代のニッセン、BS-3Bというモデルです。
赤いタンクと白いホーロー、金網の中にガラス火屋があり、かわいいランプのようなストーブです。
対振消化装置はもちろんついておらずシンプル、点火・消火のときに出る煤の匂いはまさに「昭和」です。
このモデルは6〜70年代の日本映画の小道具としてもちょくちょく顔を出していたようです。



アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2006年01月16日(Mon)▲ページの先頭へ
アラジンストーブ・シルバークイーンも展示中



アラジン製ストーブの女王、シルバークイーンも4プライベントにて展示販売中です。普段なかなかお目にかかれないストーブです。1960年代のイギリス製のシルバークイーンが元々のオリジナルで、1980年代に日本で現代的にモディファイして復刻されたものです。乾電池によるニクロム線点火、対振消化装置付と使い勝手も良く、オーガニックな曲面の反射板が印象的(オリジナルもこれが特徴です)な、かなり暖かいストーブです。

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2005年10月11日(Tue)▲ページの先頭へ
ニッセン(日本船燈)の個性的なストーブ

以前、アラジンストーブを紹介しましたが今回紹介するニッセンもまた歴史のある、個性的なストーブを作っている会社です。
日本船燈という会社はそもそも航海用のランプを作っている会社で、現在は電気を用いられているランプも昔は灯油を使用するものでした。
灯油式の航海ランプはそれだけでもコレクターが存在するジャンルなのですが、独自の航海用ランプをストーブ用にアレンジしたものを1960年代に商品化していたのがこのニッセンでした。
アラジンのブルーフレームとは異なり、オレンジ色の炎はまさにランプのそれであり、パーフェクションストーブに通じるものがあります。
個性的なシェイプの火屋はガラス製があったり、ホーロー引きのものがあったりしました。
こちらもやはり、70年代の消防法改正により対振消化装置がつけられたり、乾電池+ニクロム線のワンタッチ点火が装備されたり、実用性に関してはアラジンの先を行くものだったと感じます。
なにより、アラジンストーブは空焚きにより芯が短くなってしまうと交換するしかないのですがそれに対しニッセンは芯に充分な長さがあり、分解して繰り出しすることが可能であることにも実用性の高さが伺えます。
現在はIS-3という真鍮むきだしのアンティークタイプが引き続き販売されています。こちらはマッチ点火という、レイドバックした仕様となっています。
写真は60年代のKS-3Bというモデルです。




アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2005年09月20日(Tue)▲ページの先頭へ
いまだに現役、アラジンストーブ

ストーブといえばアラジンストーブ、というくらい日本では息の長いストーブです。
1960年代に、いまは外車で有名なヤナセがイギリスから輸入していました。
そのころの15型アラジンはシンプルこの上ない、しかし今となっては一番味のあるストーブです。
当時の給料事情からしたら高価なもので、若者が簡単に買えるものではなかったようです。
1970年代にはいり日本でライセンス生産されるようになりましたが消防法の改正により
対振消化装置の装着が義務付けられるようになりました。
この時期のアラジンには、それはもうメカニカルな消火装置がついていてそれはそれで味があるものです。
1970年代後半に再びモデルチェンジし39型となりますが、これはいままでのフォルムを崩すことなく
動作確実な消火装置をあわせもったもので、マイナーチェンジこそありますが現在まで生産が続いています。
写真は70年代おわり頃の、39型アラジンストーブです。




アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業