これはいいものだ!&着物検索カテゴリ

ブログ形式で骨董市などイベントのお知らせ、入荷商品の紹介、「これはいいものだ!」的モノの紹介、メールマガジンのバックナンバー紹介などをしていこうと思います。
カテゴリ
札幌のアンティーク着物ショップ 彩古堂のブログ
札幌のアンティーク着物・昭和レトロ雑貨ショップ 彩古堂のブログ/一覧 (2636)



彩古堂は北海道札幌市のアンティークキモノショップです。大正・昭和初期の銘仙、錦紗縮緬ほかアンティーク着物や面白い珍しいはぎれ等の古布(古裂)パッチワークキルト用素材・古民具・食器・家具・人形・レトロな生活雑貨など幅広く扱っています。札幌市中央区の路面店舗での販売のほか、骨董市などの催事にも参加しています。ネット通販・買取も承ってます。


↑彩古堂のホームページはこちらから


↑姉妹店ジェットアンティーク(60s〜70sビザールギター、アラジン・パーフェクションなどのストーブ中心です)のホームページはこちらから

2017年6月
       
24
25 26 27 28 29 30  

新着エントリ
●6月の臨時休業のおしらせ● (6/12)
●HTBの「イチオシ!」様に取材して頂きました!● (5/23)
●auからメールをお送り頂いているお客様へ● (5/5)
●北海道アンティーク骨董ジャンボリーのHPが出来ました&最近のお店の様子● (5/5)
●GW中の営業について● (4/29)
●レトロモダンな赤黒お召しに水玉柄の帯。レトロ着物コーディネート(1211)● (4/29)
●インスタグラム始めました● (4/19)
●第11回大生活骨董市@コンカリーニョに参加します ● (4/4)
●2017 KIMONO VOL.5● (3/29)
●2017 KIMONO VOL.4● (3/29)
●2017 KIMONO VOL.3● (3/29)
●2017 KIMONO VOL.2● (3/29)
●2017 KIMONO VOL.1● (3/29)
●彩古堂のブログ600万アクセス達成!ありがとうございます!● (3/29)
●【WAYOUSECCHU-和洋折衷-】沢山のご来場ありがとうございました!● (3/28)
●3/19(日)は【WAYOUSECCHU-和洋折衷-】開催です!● (3/16)
●赤紫にブルーの花・アンティーク長羽織● (3/5)
【WAYOUSECCHU】(キモノのイベントのおしらせ) (2/26)
●青地に花の図・銘仙長羽織● (2/24)
●紫地に黄色の花の図・アンティーク長羽織● (2/23)
●艶やかな紫の色無地。レトロ着物コーディネート(1210)● (2/22)
●パステルのPOPなお召し。レトロ着物コーディネート(1209)● (2/4)
●紫地に華やかな花の図・アンティーク長羽織● (2/1)
●藤の花と謎の水色の花の御召銘仙。アンティーク着物コーディネート(1208)● (1/29)
●大正モダン・カラフル小振袖。アンティーク着物コーディネート(1207)● (1/23)
●2017年・あけましておめでとうございます● (1/5)
●年末年始の営業のおしらせ● (12/25)
●大正浪漫・クラシカルな小紋。アンティーク着物コーディネート(1206)● (12/24)
●艶やかな縞の綸子。アンティーク振袖コーディネート(1205)● (12/23)

彩古堂の新着情報+@をお知らせするメールマガジンを購読しませんか?
不定期ですがイベント情報、新商品や限定商品、お買い得商品などの情報をお届けいたします。
ご希望のお客様は下記よりお客様のメールアドレスを送信の上お申し込みください。
すでにご登録済みで配信を停止したい方は、停止したいアドレスをご記入し「削除」ボタンにチェックして送信ボタンを押してください。

登録削除
© 2002 ACMAILER2 ahref.org

アーカイブ
2005年 (145)
8月 (17)
9月 (48)
10月 (33)
11月 (39)
12月 (8)
2006年 (378)
1月 (22)
2月 (21)
3月 (38)
4月 (44)
5月 (45)
6月 (43)
7月 (9)
8月 (11)
9月 (11)
10月 (29)
11月 (43)
12月 (62)
2007年 (300)
1月 (45)
2月 (29)
3月 (31)
4月 (36)
5月 (21)
6月 (14)
7月 (29)
8月 (27)
9月 (12)
10月 (20)
11月 (16)
12月 (20)
2008年 (260)
1月 (30)
2月 (17)
3月 (22)
4月 (13)
5月 (27)
6月 (14)
7月 (17)
8月 (27)
9月 (18)
10月 (23)
11月 (35)
12月 (17)
2009年 (233)
1月 (18)
2月 (13)
3月 (13)
4月 (10)
5月 (7)
6月 (14)
7月 (14)
8月 (17)
9月 (31)
10月 (42)
11月 (27)
12月 (27)
2010年 (406)
1月 (34)
2月 (38)
3月 (47)
4月 (54)
5月 (32)
6月 (35)
7月 (35)
8月 (22)
9月 (33)
10月 (26)
11月 (29)
12月 (21)
2011年 (265)
1月 (32)
2月 (52)
3月 (15)
4月 (14)
5月 (15)
6月 (30)
7月 (16)
8月 (16)
9月 (29)
10月 (18)
11月 (14)
12月 (14)
2012年 (136)
1月 (17)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (4)
5月 (10)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (5)
9月 (6)
10月 (15)
11月 (21)
12月 (23)
2013年 (138)
1月 (11)
2月 (6)
3月 (14)
4月 (12)
5月 (18)
6月 (8)
7月 (8)
8月 (13)
9月 (10)
10月 (8)
11月 (16)
12月 (14)
2014年 (135)
1月 (8)
2月 (13)
3月 (15)
4月 (25)
5月 (15)
6月 (11)
7月 (1)
8月 (17)
9月 (6)
10月 (17)
11月 (4)
12月 (3)
2015年 (114)
1月 (5)
2月 (14)
3月 (7)
4月 (11)
5月 (10)
6月 (6)
7月 (1)
8月 (7)
9月 (18)
10月 (19)
11月 (3)
12月 (13)
2016年 (100)
1月 (14)
2月 (9)
3月 (4)
4月 (17)
5月 (16)
6月 (11)
7月 (18)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (3)
11月 (1)
12月 (3)
2017年 (26)
1月 (3)
2月 (6)
3月 (9)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (1)


アクセスカウンタ
今日:1,361
昨日:1,450
累計:6,194,833


RSS/Powered by 「のブログ

2011年04月01日(Fri)▲ページの先頭へ
●アンティーク黒引き・アンティーク振袖のページ●



アンティークの黒引きと振袖をまとめてみました。
昔は何も考えずにドンドン販売していたので、 撮影前に売れてしまったものも本当に多かったです。
今考えるとホント記録用に、写真だけでも撮っておけば良かったのですが・・・ とりあえず、PCに画像が残っているものをまとめてみました。
過去のSOLD品はもう実物は見ることが出来ませんが、 画像でもその美しさに本当に見惚れてしまいます。
【在庫なし・SOLD品】の品には、くれぐれも問い合わせしないで下さいね。



【在庫あり】

●五つ紋・紅絹裏・鶴文の黒引き振袖/お引き摺り/花嫁衣裳。アンティーク振袖コーディネート(1077)●


●五つ紋・紅絹裏・花車文黒引き振袖/お引き摺り/花嫁衣裳。アンティーク振袖コーディネート(1075)●


●アンティーク黒引き/振袖/お引き摺り/花嫁衣裳。アンティーク振袖コーディネート(661)●


●松竹梅に鳳凰?の黒引き/振袖/お引き摺り/花嫁衣裳。アンティーク振袖コーディネート(662)●


●紫の綸子の中振袖。アンティーク着物コーディネート(999)●






【在庫なし・SOLD品】



●五つ紋・紅絹裏・扇乱舞の黒引き振袖/お引き摺り/花嫁衣裳。アンティーク振袖コーディネート(1076)●


●白地に橙・大きな鼓の図。レトロ振袖コーディネート(1061)●


●珍・面白柄!黒地・鳥尽くしの黒引き/お引き摺り/花嫁衣裳。アンティーク振袖コーディネート(634)●


●豪華!アンティーク振袖・コーディネイト(38)●


●成人式にも。豪華!黒地に舞う鶴の図・紅絹裏!アンティーク振袖コーディネート(224)●


●名品!圧巻の見事な染!!アンティーク振袖コーディネート(246)●


●華やかな黒引き振袖。アンティーク振袖コーディネート(380)●


●大正期・黒引き振袖。アンティーク振袖コーディネート(391)●

●大きめ!重ね付・黒引き振袖。アンティーク振袖コーディネート(392)●


●古代縮緬の黒引き/お引き摺り/振袖。アンティーク振袖コーディネート(466)●


●朱赤の長襦袢付・御所車の黒引き振袖。アンティーク振袖コーディネート(467)●


●豪華な刺繍&大胆な柄行の黒引き本振袖。昔振袖コーディネート(484)●


アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2010年11月11日(Thu)▲ページの先頭へ
●着付けの匠のページ●

すぐに使える、ちょっとした着付けのアイデアをまとめたページです。
普通の着付けは本や動画サイトなどで沢山紹介されているので、 店主がお客様に伝授して頂いた、ちょっとした便利テクニックを中心に紹介していきます。



●お役立ち!着付けの匠@「短い帯締めを普通に見えるように結ぶ方法」●



アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2010年08月20日(Fri)▲ページの先頭へ
●袷着物の在庫のページ●



2010年更新分の在庫のある袷着物のアドレスを貼っておきます。
袷は点数も多く時間がかかりそうなので、前年分などは出来次第更新していきます。
SOLDの付け忘れも中にはあるかもしれませんが、見つけたら削除していきますので、こまめにチェックしてくださいね。
(オフシーズンは問い合わせに対応しかねますので、ご了承下さい。)

【レトロ〜現代物】


○留袖・色留袖


○付け下げ・訪問着



●綸子地に絞りと辻が花染の訪問着風付け下げ。昔着物コーディネート(673)●


○色無地


○江戸小紋


○小紋(柔らかもの)






○小紋(紬・お召しなど)




●紬の付け下げに紬の手描帯。昔着物コーディネート(667)●


○有名紬(泥大島・結城・牛首・琉球など)

●地球印の泥大島に洒落袋帯。昔着物コーディネート(703)●
●中柄の泥大島にすくい織の帯。昔着物コーディネート(702)●
●縞柄の泥大島に刺繍入りの花の帯。昔着物コーディネート(701)●
●横段風の泥大島にすくい織の洒落袋帯。昔着物コーディネート(699)●
●割込・龍郷柄の泥大島に型染の名古屋帯。昔着物コーディネート(698)●
●草花文の泥大島に宝珠の図の縮緬帯。昔着物コーディネート(697)●
●モダン草花文の泥大島に唐花の名古屋帯。昔着物コーディネート(696)●
●旗印・泥大島紬にすくい織の洒落袋帯。昔着物コーディネート(695)●
●蝶の図の泥大島に洒落袋帯。昔着物コーディネート(700)●
●村山大島紬に染め帯。昔着物コーディネート(680)●



【アンティーク〜レトロ】


○銘仙

●あの有名食品メーカーの柄?の銘仙と根付。アンティーク着物コーディネート(749)●
●臙脂銘仙xアンティーク帯x御召羽織。アンティーク着物コーディネート(720)●
 
  ●白x黒x赤の十字架&ドット・モダン銘仙。アンティーク着物コーディネート(674)●
  ●幾何学ドット柄のモダンな銘仙。アンティーク着物コーディネート(656)●
 

○錦紗・綸子・ちりめん系





●桃色紋錦紗にベージュの帯。アンティーク着物コーディネート(686)●




○お召し

●市松xマーガレットの御召銘仙に格子帯。レトロ着物コーディネート(723)●

●紫のラメお召しに花唐草の名古屋帯。レトロ着物コーディネート(691)●


●ポピー柄?御召銘仙袷着物。アンティーク着物コーディネート(660)●



○その他(平絹・変わり織・人絹etc・・)


アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2010年08月01日(Sun)▲ページの先頭へ
●針仕事のページ●

北海道の着物系作家さんの応援企画のページです。
自宅ショップ&ネットショップをお持ちの方で宣伝して欲しいという方はお気軽に店主までどうぞ。
今回は古布を使用したバッグ、かんざしや帯留め、ショール、着物や帯、草履、着物に関係のある手作り品を製作している方限定です。
詳しくはこの↓応募についてのページをご覧下さい。

●針仕事のコーナー・応募について●

※尚、当店では多忙の為、委託販売は一切致しません。
あくまでもご紹介のページですのでそれぞれのお取引について、当店ではタッチ致しません。
掲載品に関する問い合わせ・ご質問等は、彩古堂ではなく直接作家さんにお願いします。



●和裁士さんの針仕事@ステテコ編●

●和裁士さんの針仕事Aうそつき袖●



【着物リメイク&着物系雑貨のコーナー】

このコーナーの品は彩古堂で見かけたお客様の手づくり品をご紹介するコーナーです。
自分のネットショップまでは作れない、という方も多いようで、 針仕事のページが過疎な為、新たにコーナー設置です。

掲載希望の方は品物持参で彩古堂までどうぞ。
暇な時ならその場で撮影しちゃいます。
混んでる時は・・ちょっと待っていて下さい(笑)

※基本的にこちらの品は店頭販売していない品がほとんどです。
こちらに掲載の作家さんたちが催事などに出店される時は改めてお知らせします。

●着物男子の嗜み・・道中財布●

●スイーツデコメジャー●

●着物リメイク@コート●

●着物リメイクAスモック風トップス●

●着物リメイクB留袖スカート●

●着物リメイクCつまみ細工かんざし●

●着物リメイクD留袖チャイナドレス●

●キモノコモノ@柄足袋●

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2010年05月30日(Sun)▲ページの先頭へ
●夏の着物の在庫のページ●



現在店頭に在庫のある夏着物のアドレスを貼っておきます。
(オフシーズンは問い合わせに対応しかねますので、ご了承下さい。)

浴衣

●しっとり系・大人の浴衣に半幅帯。浴衣コーディネート(907)●



アンティーク〜レトロ

●三色の唐獅子に絽の袋帯。レトロ着物コーディネート(561)●
●5/20(日)は豊平神社青空骨とう市に参加します!●
●綺麗な色の紗小紋に薊(アザミ)の絽の帯。アンティーク着物コーディネート(752)●
●赤に桔梗の紗にアンティーク絽帯。アンティーク着物コーディネート(759)●
●青系の紗に百合の絽名古屋帯。昔着物コーディネート(779)●
●真っ赤な紗の小紋。アンティーク着物コーディネート(896)●
●縞の紗に夏帯。アンティーク着物コーディネート(899)●
●本麻の縮に日本刺繍の絽の名古屋帯。アンティーク着物コーディネート(903)●
●薊(アザミ)の紗着物に絽綴れの帯。レトロ着物コーディネート(908)●
●蕗?つわぶき?に蜻蛉の図の夏御召。アンティーク着物コーディネート(889)●



レトロ〜現代物

●青地に白鷺の図の付け下げ。昔着物コーディネート(763)●
●野の草花の絽の小紋に紗献上。昔着物コーディネート(767)●
●木賊(とくさ)縞の小紋に夏帯2種。昔着物コーディネート(769)●
●赤橙色の縞の紗に麻の帯。昔着物コーディネート(770)●
●色喪服にも・薄紫の一つ紋色無地絽に萩の名古屋帯。昔着物コーディネート(771)●
●緑の紗小紋に紗の九寸名古屋帯。レトロ着物コーディネート(778)●
●蝶の紗に夏帯。レトロ着物コーディネート(898)●
●お出かけに・型染の絽の小紋に萩の帯。昔着物コーディネート(902)●
●生成の紗紬に絽の名古屋帯。昔着物コーディネート(904)●
●涼しげな夏の小紋に洒落袋帯。昔着物コーディネート(905)●
●絽の付け下げに紗の袋帯。昔着物コーディネート(906)●


アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2010年05月22日(Sat)▲ページの先頭へ
●単衣の在庫のページ●



現在、在庫有りの単衣のアドレスを貼っておきます。
(オフシーズンは問い合わせに返答できませんのでご了承下さい。)

アンティーク〜レトロ

●ピンクに大胆な花の図の単衣。アンティーク着物コーディネート(544)●
●紫の撫子ほか花尽くし単衣。昔着物コーディネート(543)●
●昭和極道風キモノ。アンティーク着物コーディネート(568)●
●桃色の銘仙に臙脂の帯。アンティーク着物コーディネート(583)●
●青系の縞の単衣お召し。アンティーク着物コーディネート(579)●
●桃色小紋に市松と竹の帯。レトロ着物コーディネート(727)●
●薄いピンクにラメ!夏着物コーディネート(81)●
●青に大輪の花のお召し。アンティーク着物コーディネート(725)●
●縦絽ちりめんの小紋。アンティーク着物コーディネート(317)●
●博徒的キモノ。レトロ着物コーディネート(785)●
●レトロな色柄の紫系お召しに薔薇の帯。レトロ着物コーディネート(784)●

●大輪の百合の単衣に半幅帯。アンティーク着物コーディネート(891)●

●桔梗文の絽縮緬に絽の名古屋帯。アンティーク着物コーディネート(893)●




レトロ〜現代物

●棗(仕覆)の図・9マルキ大島紬単衣着物。昔着物コーディネート(437)●
●糸巻と糸車の図・藍染絵絣紬単衣着物。昔着物コーディネート(444)●
●ガーリィな白地の紬単衣に半幅帯。レトロ着物コーディネート(724)●
●縞の単衣に夏帯。昔着物コーディネート(733)●
●縞の単衣に紫の蝶の帯。昔着物コーディネート(782)●
●市松柄?緑の単衣紬に麻の帯。昔着物コーディネート(789)●

●蝶の図の単衣小紋。レトロ着物コーディネート(888)●

●和装ウエディングに・夏のレースの本振袖/大振袖。レトロ振袖コーディネート(900)●



アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2010年05月19日(Wed)▲ページの先頭へ
●レトロ&現代物の振袖のページ●



振袖のアドレスです。
中にはSOLD付け忘れの品もあるかもしれませんので、その場合はご了承下さい。
※アンティーク振袖&黒引きは別ページにまとめました。


●ピンク地x茶のグラデーション。振袖コーディネート(624)●
●蝶と藤と松菊橘の中振袖。振袖コーディネート(619)●
●豪華な刺繍・芥子色の本振袖。昔振袖コーディネート(477)●
●縮緬・美しい濃青の本振袖。昔振袖コーディネート(476)●
●黒地・咲き誇る薔薇の本振袖。昔振袖コーディネート(473)●
●裄70!綸子地に本絞り・染&摺箔の豪華な振袖。昔振袖コーディネート(470)●
●淡いピンクx黒の柔らかな雰囲気の中振袖。振袖コーディネート(743)●
●青地・華尽くしの図。振袖コーディネート(804)●
●和装ウエディングに・夏のレースの本振袖/大振袖。レトロ振袖コーディネート(900)●
●落ち着いた古典柄・黒地に宝船大振袖。振袖コーディネート(1057)●
●大輪の薔薇・本振袖。レトロ振袖コーディネート(985)●
●鮮やかな緑の古典柄本振袖。レトロ振袖コーディネート(987)●
●鶴乱舞・白地に緑の中振袖。レトロ振袖コーディネート(1162)●
●オレンジ地に大胆な華の図。振袖コーディネート(1153)●
●赤x黒グラデーション・蝶の図の大振袖。振袖コーディネート(1151)●
●緑x白の鶴の図の振袖。振袖コーディネート(1141)●
●緑x白の乱菊と孔雀柄の振袖。振袖コーディネート(1140)●

2006年04月07日(Fri)▲ページの先頭へ
●名品!つまみ細工の花かんざし●



時代は戦前保証致します。
サイズ17.5x直径3cmです。
丁寧な細工の見事さに思わず目を見張ります。



※あまりに気に入りすぎて、非売品にすることにしました・・スミマセン!

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2006年02月09日(Thu)▲ページの先頭へ
●スミレ人形研究所のポーズ人形・いろいろ●

名古屋に現在もあるメーカーです。
現在はワンちゃんのお洋服を製作されているようです。
何となく、お洋服につながりを感じますね。

現在までに当方で扱い、確認できているスミレ人形研究所のポーズ人形についてご紹介いたします。
扱ったことのある品、という点で多少資料としては偏りや間違った記載などもあるかも知れませんのであくまでも参考として、暖かい目でご覧下さい。

***********************************************************

【ポーズ人形】



三つ葉型の紙タグです。台座はプラ台のみです。

【着物ポーズ人形】



三つ葉型の紙タグです。台座はプラ台のみです。

【フランス人形】



三つ葉型か角型の紙タグです。台座はプラ台・木台です。

**********************************************************

雰囲気的にはオリオンのポーズ人形に近いようなお人形です。



タグは初期のタイプが角型で、中期〜後期が三つ葉の形で、どちらも紙製です。



当店では入荷数が少ないメーカーです。

あらためて振り返ってみると、ポーズ人形のメーカーは名古屋近辺に密集しています。
そもそも人形のメーカーの多い土地ということもあったのですが、主要メーカーはほとんどが愛知県なのです。
ポーズ人形コレクターにとっては、40年前の愛知県は聖地ですね。愛知県さまさま!です。

****************************************************************

このコーナーは「こういう点が知りたい」などのご要望があれば随時UPしていきます。
メーカー別にUPしていく予定ですのでお楽しみに!

*無断転載はお断りさせていただいております。ご理解とご協力お願い致します。

****************************************************************

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2005年11月09日(Wed)▲ページの先頭へ
●古いセルロイドのお人形と起き上がりこぼし●

時代はどちらも戦後のものと思います。
日本製のセルロイド人形です。

大きなガラガラ車に乗った起き上がりこぼしは揺らすとなんとも言えない、癒し系な音がします。

お人形は「デコちゃん」という、セルロイド人形のコレクターに人気のお人形です。
セルロイドは燃えやすい性質があるということで、衰退してしまいました。
今ではコレクティブルなアイテムのひとつとなっています。
どちらもかなり大きめで、8〜25cmくらいのサイズが多い、 他のセルロイドの人形と比べると本当に珍しいです。
彩古堂HPのショッピングカートにて販売もしておりますので興味のある方はご覧下さい。

デコちゃん:SOLD

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2005年11月02日(Wed)▲ページの先頭へ
●これはいいものだ!大正時代の床屋椅子


大正時代に使われていた床屋さんの椅子です。
革張り+太鼓鋲、鋳物+琺瑯でハンパなく重いです。
リクライニング&回転機能もあります。
ジェットアンティーク店舗の奥隅っこに置いてあるのですが
存在感はものすごいものがあります。

SOLD

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2005年10月11日(Tue)▲ページの先頭へ
●さくら人形のポーズ人形・いろいろ●

日舞のポーズなどをとっている着物&日本髪のお人形さんで広く知られています。
やはり現在では製作されていないようです。

現在までに当方で扱い、確認できているさくら人形のポーズ人形についてご紹介いたします。
扱ったことのある品、という点で多少資料としては偏りや間違った記載などもあるかも知れませんのであくまでも参考として、暖かい目でご覧下さい。

***********************************************************

【フランス人形】

細長・桜型の紙タグです。台座はプラ台のみです。
他メーカーのフランス人形と比べると、日本的なお顔立ちです。

【スリム・ロングドレス人形】

細長・桜型の紙タグです。台座はプラ台のみ、ケースは一般的には鉄枠3面ガラスケースです。リボン印のものと比べると、ちょっと肉感的?です。

【ポーズ人形】

細長・桜型の紙タグです。台座はプラ台のみです。
スピッツを持った子(他メーカーにもスピッツを持った子はいます。)やパンタロン姿の子、チャイナ服の子(宇山あゆみさんの本にも出ている名シリーズ。さくら人形の独自のものです。)など、クォリティの高いお人形さんが多く、コレクターには人気です。


【文化人形】
「お人形」カテゴリのポーズ人形コレクションJにも掲載中!

台は木台です。タグは当店では見たことがありません。
さくら人形製と確認できるものは結構レアです。

**********************************************************

さくら人形製の「フランス人形・ポーズ人形・スリム人形」は今まで扱ったものは全てプラ台でした。(他メーカーでもプラ台のものは沢山あります。)
そしてお持ちの方は分かると思いますが、さくら人形の見分け方のポイントは台にあります。

私が一番初めに手に入れたのは、さくら人形のピンクのドレスのフランス人形でした。
そこからお人形道楽が始まってしまった為、このメーカーには愛着があります。
皆さんもお気に入りのメーカーを見つけてくださいね。

ご意見などございましたら、彩古堂HPに記載しているメールアドレスまでお願い致します。

****************************************************************

このコーナーは「こういう点が知りたい」などのご要望があれば随時UPしていきます。
メーカー別にUPしていく予定ですのでお楽しみに!

*無断転載はお断りさせていただいております。ご理解とご協力お願い致します。

****************************************************************

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2005年10月04日(Tue)▲ページの先頭へ
●スキヨ人形研究所/リボン印のお人形・いろいろ●

「寿喜代」という名前でも知られています。
五月人形から市松人形、そしてフランス人形・ポーズ人形などで有名な名古屋のメーカーです。70年代頃にこちらで製作されていたポーズ人形やフランス人形は現在では販売されていないようです。

現在までに当方で扱い、確認できているスキヨのリボン印のお人形についてご紹介いたします。
(書き洩れもあるかと思いますので、随時充実させていきます。)
扱ったことのある品、という点で多少資料としては偏りや間違った記載などもあるかも知れませんので、あくまでも参考として、暖かい目でご覧下さい。

****************************************************************

【グレイシー】
どちらかというとリアル系の顔立ちです。衣装などはフランス人形と同じようなドレスタイプのみです。
「リボン/SUKIYO ORIGINAL/GRACY」の細長いプラタグがあります。



【スリムファッションシリーズ】
細身のロングドレスタイプです。「スリムファッションシリーズ」のオリジナルタグあります。
さくら人形で発売していたガラスケース入りの細身ロングドレスのお人形と比べてみても、かなり細いです。製作数が少なかったのか、あまり出てきません。
ポーズ人形コレクションFでもご紹介しています。


【椅子】

通常のリボンの紙タグのものが多いです。
椅子は三本足で、背もたれのないタイプです。
靴はお座りポーズ人形と同じタイプのものが多いです。


【お座り】

通常のリボンの紙タグのものが多いです。
大人タイプのみです。足が揃っているもの、揃っていないものなどあります。
靴は椅子ポーズ人形と同じタイプのものが多いです。


【フランス人形】

通常のリボンの紙タグ・プラタグのどちらかです。「愛のしおり」というカタログのような小冊子が付属しているものもあります。丸いプラ筒ケースや、ガラスケースに入ったままのものがあります。靴は大抵、ハイヒールを履いています。


【ポーズ人形】
紙タグです。あまり確認数がありません。


【3頭身ポーズ人形】

紙タグです。従来のポーズ人形とはかけ離れた雰囲気です。
特徴は顔が大きいという点でしょうか。
個人的にはあまり好みではないのですが、資料としては面白味があります。



【着物ポーズ人形】

紙タグか、台座にステッカーが貼られています。
着物シリーズは、台座も他のポーズ人形とは大分違いがあります。
やはりポーズといい、造りといい、日本人形色が感じられます。


【リラ人形】

俗に言う「足太人形」です。
画像の子はそんなに足が太くはありませんが、一応リラ人形の流れです。
紙タグか、台座・ドレスにステッカーが貼られています。
足太人形は時代があるせいか、タグやステッカーつきのものは少ないです。


***************************************************************

台座ステッカータイプと、紙タグシリーズは昭和20〜50年代、
プラタグは昭和30年代後半から昭和50年代と推測されます。

リボン印だけでも今までに100体以上販売してきましたが、その全ての台座は木製でした。もしプラ台があれば非常に珍しいと思いますが、恐らくタグだけ後で付け替えした物ではないかと思います。
リボン印かどうかの見分け方は他にもあるのですが、それは秘密です。スミマセン・・

ひとつのメーカーでこれほどバラエティに富んだお人形さんを製作されていたという事実は、本当に奥深さを感じさせます。スキヨさんではこの他、日本人形などもお作りになられています。幅広いですね〜。

ポーズ人形タイプはリボン印と確認できるものはほとんど入荷したことがありません。
リボン印・疑惑のものが数点あるのみです。作ってはいたと思うのですが・・。


定番プラケース。他メーカーでも同じものを使用してます。

オリジナルのプラスチックの丸筒ケースは、経年変化により硬くなり、割れやすくなっています。実際、取り扱っている最中に割れてしまうことも多いです。
お持ちの方はお掃除の際などお気をつけ下さい。


接着剤の経年変化による汚れはこんな感じ。

お顔に汚れなどがあるお人形さんも多いですが、これは日焼け・接着剤などが経年変化したものなど様々です。汚れが落ちないかと色々と試してみたことがあるのですが、やはり難しいようです。良い方法を見つけたらご紹介いたします。

ご意見などございましたら、彩古堂HPに記載しているメールアドレスまでお願い致します。

****************************************************************

このコーナーは「こういう点が知りたい」などのご要望があれば随時UPしていきます。メーカー別にUPしていく予定ですのでお楽しみに!

*無断転載はお断りさせていただいております。ご理解とご協力お願い致します。

****************************************************************
アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2005年08月30日(Tue)▲ページの先頭へ
●くろんぼこけし●

1960年代から70年代にかけて、黒人をモチーフにしたマークやお人形が大流行しました。
タカラのだっこちゃんをはじめ、カルピスのラベル、ちびくろさんぼという寓話など、スタイリッシュで可愛らしいモノがいっぱいありました。
1980年代になり、「くろんぼ、土人」という呼び方や図柄に黒人とわかるマークや模様をいれることは差別である、という論議がおこり80年代末にそれらは姿を消していきました。
今になって思えばそれらのドコが差別的であるとされたのか理解に苦しむところですが、当時の世論に押されてただ可愛らしいモノであっただっこちゃんマークも、カルピスのラベルも、ちびくろさんぼも葬られてしまったのです。
今回とりあげた「くろんぼこけし」は主に観光地のお土産屋さんなどで売られていましたが(1970年前後に流行していたようです)そのあたりの事情もあって見かけることはなくなってしまいました。
まつぼっくりやどんぐりなど木の実を使ってつくられたもの、温度計になっているもの、鏡になっているものなど、小さなモノからそこそこ大きさのあるものまで数え切れないくらいの種類がありました。
彩古堂で当時の小さいくろんぼこけしを加工して簪(かんざし)にしてみたところ、大人気でスグ売り切れとなってしまいました。彩古堂ホームページのトップ中段よりやや上にその簪の写真がありますので時間のある方は見てくださいね。
当時の小さいくろんぼこけしはなかなか入荷数が少なく、「また作らないのですか?」という問い合わせがありますがこけし自体の入荷がほとんどないため注文を受けることもできない状態です。
入荷があり、製作することができましたらホームページにアップもしくは催事に持って行きますのでそれまで楽しみにしていただけたら、と思います。



ちなみに、南アフリカ共和国のアパルトヘイト(人種隔離政策)が廃止されたのはつい最近、1990年代に入ってからのことでした。「ちびくろさんぼ」は近年になって再発されました。


アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

2005年08月29日(Mon)▲ページの先頭へ
●月光仮面・子供着物(ニコニコ綿)●

ニコニコ綿とは明治から昭和初め頃までに製作されていた茶綿絣の事です。
茶絣とも綿大島とも呼ばれています。
プリントの普及による柄の多様化のためか、次第に廃れてしまい、今では希少なものになってしまいました。
戦中のものは戦争をモチーフにしたものなどが多く作られ、戦後のものは画像のようなヒーロー物や野球など平和なモチーフが多いのが時代を感じさせます。
コレクターの方にはヨダレモノの逸品です。


月夜にバイクで登場!月光仮面


おくるみなんです。



アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業



●内藤ルネ●

昭和レトロが好きな方はご存知の方が多いのではないでしょうか?
1950年代、少女雑誌「ジュニアそれいゆ」を中心にイラストや人形を紹介し人気を博した方です。
当時、少女のカリスマアーティストだった内藤ルネの作品は近年の昭和レトロブームに後押しされ、復刻版も発売されるほどの人気ぶりです。
当時の雑貨類はここ数年、コレクティブルなアイテムになっています。
ここ数年で雑誌なども多数出版され、2001年には「内藤ルネ人形美術館」も開館されました。
現在は静岡にお住まいのようです。
画像は半分コレクション(笑)の当時モノの内藤ルネ商品です。




天使とアクマ!


内藤ルネといえば・・ルネパンダ!
アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

▲ページの先頭へ
●銘仙いろいろ●

銘仙とは大正〜昭和にかけて女学生など、若い女性が好んで着用したものです。
モガ(モダンガール)の洋装と銘仙の艶やかな姿は戦後の街を華やかにしたのだろうなと思います。
見ているだけでも本当に楽しくなります。
昔の職人さんのセンスの良さをしみじみ実感です。
サイケデリックなもの、絵画調のもの、モダンアートのようなものなど
銘仙には本当に色々な柄があります。
着用できる銘仙で価格は大体¥4500から¥15000くらいまで色々です。
(銘仙以外でも着用できる着物は¥1000から販売しています。)
サイコドウのイベントには店頭に出していないものを含めて毎回かなりな枚数を持っていきますので、
結構見ごたえアリです。
オカイモノ」にも徐々にアップしていきたいと思います。





アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

●ヴィンテージ・セルロイド製ブローチ●

セルロイドとはニトロセルロースに樟脳(しようのう)を加えて作ったプラスチックの一種の事です。
成形加工が容易で玩具・日用品などに多用されていましたが、
燃えやすいという事で最近はほとんど使われていません。
セルロイドのアクセサリーには凝ったデザインやカラフルなものがあり、個人的にお気に入りです。
石やビーズのアクセサリーとはまた違った味わいがあります。ウットリです。





アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業

●つまみ細工・かんざし●

つまみ細工とは四角に切った布を折り、草花や蝶などを表現した伝統工芸のことです。
制作年代は江戸時代中期ごろからと推定され、かんざしや鞠、色々な小物が作られていたようです。
つまみ細工の種類は、角が鋭角の「剣つまみ」と緩やかなカーブを描く「丸つまみ」の2種類のみです。
その2種類の技法で、様々な景色を表現しています。
ハンドメイドのブームのおかげで、つまみ細工の本も出版されています。
私も試しに作ってみたのですが、つまみの細かいものはやはり難易度が高いです。
とにかく根気の世界です!
昔のつまみ細工のかんざしを見ているとその技術に本当に感心してしまいます。
画像の赤いつまみのかんざしも、一体何個のつまみで作られているの??とついつい眺めてしまいます。
興味のある方は試しに作ってみて下さいね。






アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業